デジタルサイネージの歴史

###Site Name###

デジタルサイネージは集中的あるいは遠隔から制御されて、配信先が指定可能なネットワーク化されたディスプレイのことで、一般的にはフラットなデジタルディスプレイのことです。

ソフトウェアやハードウェアのリソースを駆使することで、エンターテイメント、インフォメーション、広告といったコンテンツが視聴者にターゲット配信されており、日本でも注目されています。


このデジタルサイネージの起源は、実際には非常に原始的なところに基づいており、音と動きで人に情報を認識させているのです。



デジタルサイネージの画面が動くことにより、人々は製品あるいはサービスに注意を払い、関心をたかめていきます。ラジオとテレビが20世紀から電波で広告を流し始めて、そのやり方が現在のデジタルサイネージにも引き継がれているのです。

デジタルサイネージ情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

スクリーン上の認識可能な声と映像は聴衆の関心を集めるために効果的で、屋外看板はデジタルサイネージのはしりです。

オンリーワンのマイナビニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

さらに今ではインターネットやデジタル機器、コンテンツとそれらが連携しているのが一般的になっています。


最初の利用例としては1970年代後半でファッションショーを録画し、それを小売店の大型テレビで再生したもので、その後、より小さく、より軽く、より薄いディスプレイが家電産業の努力により利用可能となったのです。


これにより、新たな基盤が構築され、日本における精力的なデジタルデバイスの開発が進みました。


そこで伝統的な広告資産の減少で失われつつあるビジネスの代替手段となる魅力的なものとなっていったのです。